わたしと、私。

日々の生活で、気付いたことを書いてます^ ^やわらかい美人をつくる方法^ ^

医療者からみた「死ぬ」とゆうこと

久々にブログを書きます^ ^




よく、

「長生きしたい」とか、

「死を考えるのが怖い」という

話をしたりします。





「いつ死ぬかわからないから、いまを生きよう」というのは、まさしくその通りです。




ただ、みんな考えたことがあるのか?

と思うのは、


「死に方は選べない」


ということ。

f:id:kurina3880:20171209220456j:plain



医療現場のわたしたちが話すのは、

「「どういう」死に方ならいい?」



という会話になります。




わたしたちは、

「死」に対して慣れている。

と言われますが、

それは微妙に違います。




「いつか死ぬ」という意味を

嫌でも十分理解している。

ということ。






いま、わたしたちは生きていますが、

例えば、「老衰」で自宅で死ねると

考えている人があまりにも多い。





そして、「死ぬ前」に会話ができると

考えている人も。




話せず、じぶんで動けず、食事できず、

10年以上寝たきりでいる人だっています。




そして、じぶんの意に反して

延命された人たち。




機械が心臓の代わりをして

意識はないけど、

「生きている」という生き方もある。




どんな生き方が、

いいとか、悪いとかではなく、

ただ、こればかりは

選べないことがほとんど。





医療者たちは、それをよく知っている。




じぶんたちは、

それに当てはまらない。

なんて事も思っていません。




じぶんもそうなる可能性が十分ある。

と考えています。


f:id:kurina3880:20171215102745j:plain


わたし個人は、

人生を太く短く生きたいと思っていて、





それは、

周りに迷惑をかけるからではなく、



長生きしても、しなくても、

死に方やタイミングは、

じぶんではコントロールできないことを

心から理解しているからこそです。





だからこそ、

仕事をしている間、

遊んでる間は、

頭はフル回転だし、

疲れるし、

疲れている方が、十分休めるし、

休むことの余白が、

どれほど大切な時間なのかも痛感しているから。





そして、医療現場では、

「生きている人」が優先される。





亡くなった人の後に、

急患が入るなら、急いで

そのベッドはキレイにして

「助けれる生きている人」の治療を

優先させます。





冷たいと感じる方もいるかもしれませんが、

病院というのは、

「人を助けること」が目的だから。





異様な光景かもしれませんが、

1番大切なことは、

亡くなっている人に必要なことは、

一刻も早く、大切なご家族のもとに

戻ること。




必要な人には、

一刻も早く回復してもらうように

すること。




だと感じています。




なかなか色々な考え方があり、

難しいですが、わたしは、少なくとも

普段からこんなことを考えながら

「死」と触れ合っています。




生まれ方、死に方は、

誰も選べないから、

目の前のことを大切にしようと

感じます^ ^




人を大切にするとは。

久しぶりのブログ更新です^ ^



いまは、

精神的にアップダウンがある時期なので

書けるときにかきます^ ^





今日、職場を辞めた先輩と電話をしていました。



10年来の付き合いで、

年齢は、わたしの10年くらい歳上^ ^



でも、もう「ともだち」です。




今日は少し長いので、お時間がある方だけお付き合いください^ ^

f:id:kurina3880:20171212170750j:plain

その先輩Aさんとは、わたしが初めて転職したときに出会った先輩。



彼女は、わたしが恥ずかしいくらい

いま以上に看護師の知識がないとき、

フォローでついてくれた先輩。



とても優秀で仕事が大好きな先輩です。

指導についてもらえた日は、

夜遅くまで私が理解するまで一緒に残業して残ってくれた先輩です。



ただ、その先輩は、うつ病を抱えていて、

かなり気分にムラがありました。



当時は、わたしも仕事でいっぱいいっぱい。

彼女も体調が悪い中、体を酷使して

仕事をしていました。



なので、ときには、

理不尽だと思うようなことで怒られたことも^ ^



でも、なんだか嫌いになれませんでした。



病気が悪化して、先輩が辞めることになってしまい。



でも、忘れた頃に、

なんとなく連絡をとっていました。



そして、数年たって、

また一緒に働かないか?と誘ってくれました。



はや、10年がたちました。

経験が10年違うのに、上下関係はなく、

ともだちのような関係です笑


f:id:kurina3880:20171212171716j:plain


彼女が一番体調がつらくて辞めても、

名古屋に帰ったときは、

別の先輩が連絡をとり、8人くらいが集まったみたいです。



で、先輩が、

「あのとき、わたし、

自分がすごくしんどくて辛かったから、

みんなからの言葉が、本当に責められてるみたいだった。」



と話したら、




別の先輩ナースたちが口を揃えて、

「そりゃそうだよね笑

でもさ、良かったよ!

自分がしんどいって、気付かないとどうにもできないからね!

でも、いつかちゃんと気付くし、

大丈夫だろうって思ってたよ。」




と話したそうです。

10年前の話です。



わたしは、この先輩含め、

こんなたくさんの素晴らしい先輩に

育ててもらえた自負があります。




この時の職場は

かなり過酷でしたが、

過酷だからこそ、

みんな目の前の仕事に一生懸命でした。




もちろん、

先輩とぶつかることもあったし、

でも、いつも個人の成長段階を見守りながら

何年かかけて仕事が独り立ちできるように

なりました。




だからこそ、

わからないことを聞くことは恥ずかしくない。


お互い任せた仕事は、責任もってやるし、

もしそこでミスがあったとしても

自分の確認不足のためで相手のせいにしない。


お互いの仕事は自己責任だけど、

手伝ってほしいときはすぐに頼れるし、



それでも手伝ってもらえないときは、

それ以上に優先させることがあるから仕方ない。


と、思えました。



だからわたしは、

転職先でも、

「ぶつかっても必ずいつかお互いに理解できるはず。」

前提で、仕事も、人間関係も構築してきました。





とてもラッキーでした。

わたしの周りには、

自分の成長を信じてくれている仲間がいること。

それは、

場所が離れたり、

連絡とらなくなっても、

根本の信頼関係は変わらないと信じています。




「離れていても、今はお互い理解できなくても、必ずいつかちゃんとお互い理解できる」



という、

揺るぎない信頼関係を教えてくれた職場でした。




相手が欲しいことばを察して

そのことばをかけてあげることは

できます。




でも、それを周りの人間に

意図的に「行うこと」は、

仕事上、お金とゆう見返りがある場合は

うまくいくのかもしれません。




でも、ともだちや、恋人にそれを

してしまったとしたら、

相手をコントロールすることと

同じで、





そこには、「相手への敬意」はありません。




「いつか相手が離れてしまうのではないか?」という不安を根底に持っていると、



知らない間に、その「気遣い」は、

「自分から離れないための」

もしくは、

「相手が自分から離れても傷つかないための」

自分のために、相手をコントロール

するかのような

気遣いになっている可能性もあるのではないかと感じます。





本当に人を大切にする信頼関係というのは、

「自分が相手から恨まれようが、絶対に

いつか自分自身で気付くことができる人だ」

と信じて見守れる人です。




それが何年先になろうとも。




そして、きっと、

そこには、お互いが傷つくことも、

裂けては通れないことだと思います。





わたし自身が、

大切に大切に育てられたことは

心から感謝しております。



だからこそ、

わたしも大切に大切に見守っていきたいなと

強く感じます^ ^



もっと広い視野で周りをみよう。

看護師の仕事をしていると、

世の中には、

本当にたくさんの色んな人がいると思う。




部屋はお金を出せば、

きれいな部屋で治療できたりするけど、




きれいな部屋にいようがいまいが、

「患者さん」として差別をするようなことはない。




この仕事をして10年経つけど、

最近とても感じることが、




看護師は、

本当に他の業種を知らないことが多い。

医療者だけで、話していることが多い。




しかも、

なぜか大病院や、

1つの場所に長く勤めていればいる方ほど、

自分自身の仕事のやり方が「当たり前」

と、

疑問に持つことが少なくなっている気がする。





確かに同職種で、

話し合うことも大切だけど、

わたしは、むしろ

医療業界以外のことに目を向けて

業界以外の人との接点をもつことが

とても大切だなと最近感じる。




なぜなら、

私たちの「お客さま」である患者さんは、

圧倒的に、「医療業界ではない人」だから。




もし私が、患者さんの立場なら、

入院するという不安の中で、

より添ってくれるナースはもちろん嬉しい。




けど、なんとなく「知ったかぶり」で、

「大変なんですね」なんて声はかけられたくないし、

「まだ若いお前に、いままでの苦労がわかるか」

と感じる人もいると思う。





だからこそ、視野を広くもつ必要があり、

自分自身がより豊かで柔軟な考え方をもつことが大事だと思う。





私が尊敬する先輩ナースは、

とにかく「相手」に興味をもつ。




どれだけコンプライアンスが悪い人でも、

「なぜ」こんなになってしまったのか?

どこからこのような考え方になったのか?





など、関わって数日で、

いかに信頼関係を築き、

相手の立場を理解しようとし、

さらによりいい形で退院まで考えれる人。





 

逆に、1番こわいのは、

自分の考え方に疑問を持たず、




いつの間にか、「患者さんのため」と、

1人よがりの自己満足の仕事の仕方に

なっていないか?





と振り返ることができなくなってしまうこと。




これが1番こわいなーと感じます。




あと、

医療者同士は、

仕事のプレッシャーからも

グチが出やすいことをまずは自覚しているからこそ、

そんな機会を減らすことも大切。




グチからは、何も生まれないから。



ストレス発散なら、

スポーツすればいい。カラオケ行けばいいのではないかと。





【最後に】

わたしは患者さんを、

「見た目」や「肩書き」などの色メガネでみません。





目の前の、

見た目や、肩書きなんかより、

そこまでに至る過程や考え方が

その「人」を

あらわしていると思うから。




あと、いかに色んなことを経験したり、

知っているかで、

人としても深みが出る。




80歳でも、素敵だなと思う人は、

見た目がきれいなのではなく、

圧倒的な経験から出る言葉や仕草が

その「人」をあらわしていて、素敵だなと

感じるから。







そこが個々の魅力だと思います。





私たちの仕事は、観察力が命です。





表情、言葉、行動、仕草など、

自分の目で見たり、感じたことに加え、

より相手を知るには、

普段から、視野を広くアンテナをはり、

たくさんの人と接することは、

仕事をより楽しくでき、

患者さんからも選ばれるナースになるのではないかなと

最近つくづく感じます。





病気の人にとって、

「このナースが担当でよかった」と

思っていただけるように

これからも頑張ろうと思います(*´ω`*)

ファスティング体験記

先日、きちんと専門家指導のもと、

ファスティングを行いました^ ^


f:id:kurina3880:20171109124851j:plain



結果からいうと、

体重56.1→53kg

体脂肪率30→27.6パーセント

f:id:kurina3880:20171109115100p:plain

5日間でかなり体が変化しました(*´ω`*)




わたしの場合、

ファスティング中に夜勤が2回ありました。



1回目は、

ファスティング1日目〜2日目にかけて。



2回目は、

ファスティング3日目〜4日目(復食期)



です。



夜勤中は、空腹だと頭がまわらないので、

梅+白湯で空腹を紛らわせようとしましたが、まずくて飲めなかったので、



梨を1/12 切れにカットし、

さらにうちふた切れ分を

6等分したものを夜勤中によく噛んで食べました。




で、ファスティング、わたしは、

正直つらかったです。

3日目くらいまで。




何がつらいかって、

1、

何も食べれない時期に、テレビや外出先で、食べものが溢れているものを目にして我慢すること。



2、

仕事の集中力が落ちること。




でした。




ただ、すごい良かったのは、



今までは、

わたしの場合、夜勤のとき、

夜中に空腹を満たすために、

お菓子を食べるんです。



夜間起きているから、朝には、

疲れがピークで、

ケンタッキーとか、とにかくジャンキーなものがすごい食べたくなる。




夜中に水分をとっても、

翌日めちゃくちゃむくみがすごくて、

足が痛くて、

夜勤中は、水分は、あまりとってませんでした。




 ファスティング初めて1回目の夜勤のとき、水分を2リットルとってるにも関わらず

なんと体重が一気に1.2キロ減りました。




ファスティング中2回目の夜勤でも、

増えるどころか体重は減りました。

趣味でピラティスをしてますが、

その日は比較的ハードな夜勤でしたが、

夜勤あけにそのままピラティスにも行ったくらい体が楽でした。





これって、今まで

夜中に塩分が高いものをいかに摂取していて、いかに自分の体がむくんでいたのかということがよくわかります。





1番効果が強く感じたのは、

デトックスティーのサポートです。




わたしは普段から便秘気味でしたが

かなりお腹は緩くなりました。




このお茶のおかげで1番つらい酵素のみの時期の、空腹も満たせました^ ^



復食期では、パスタを食べることもでき、

すでに復食期は、

もうたくさん噛むくせがついてるので、

お腹は満たされました。




普段ほんとに早食い、食べ過ぎなことがよくわかりました。

f:id:kurina3880:20171109123547p:plain



【最後に】

ファスティングなんて、

夜勤やってるし、絶対できないと思ってたけど、やってみたら、

体調は良くなるし、思ってた以上にいい結果が出ました!!!




夜勤なんて、言い訳でした。

ただの食べ過ぎでしたね。

すみません。




ただ、

ファスティングは、自分との闘いだと思います。




わたしは、

ファスティング中も空腹に耐えれず、

果物をかじりましたが、



つらくない範囲でできることを

プロに頼りながらすることは、大切。




毎日毎日体重計にのったり、

よく噛んで食べたり、

鏡で全身をチェックしたり、

着たいお洋服を鏡の前で毎日きたりして、

モチベーションを保っていました^ ^




やっぱり、スッキリした体は身軽です。




1週間はできないけど、

これからの忘年会シーズンに

短期でまた取り入れたいと思います^ ^






今回、ファスティング

サポートしてくださった、

別人級エステのミウラアイさんは、

実際エステを受けたこともあり、

そのときのエステでは、

なんと!!!

全身マイナス32.4cm




翌日には、普段はいてるデニムがブカブカでびっくりしました!!!




そんなミウラアイさんのエステは

2〜3ヶ月まちなんだそうです!!!




興味がある方は、ぜひぜひこちらまで(*´ω`*)

https://ameblo.jp/esthe-miura/





そして、アイさんの愛弟子で、

完璧なファスティングサポートをしてくれたえりちゃん、ありがとう!!!



えりちゃんこと、

新田絵里ちゃんは、

知り合って1年足らずで、

とてもすごいはやさの行動力で自分を変えてきた大切な仲間の1人です。



彼女は、たくさんたくさん自分の中で

葛藤しながら、素直に1つずつ確実に

一歩を踏み出してきています。



そんな彼女だからこそ、

高い目標をもち、

クライアントさんの気持ちも理解でき、

的確なアドバイスができ、

結果、サービスを受けた方が大きく結果を残せるのだと思います。



そんな新田絵里ちゃんのダイエットコースに興味ある方は、ぜひ問い合わせしてみてください^ ^

https://ameblo.jp/eeerrriii2016/entry-12269580616.html


f:id:kurina3880:20171109124729j:plain

↑左えりさん   右アイさん



今回使用したファスティングの食事は、

こちらの店舗でもご購入できるみたいです。


https://innerbeautysalon.jp/about/

素直になるのは、はずかしい?

久々にブログ更新です。


ここ1カ月近く、
かなり疲れてしまい、
何も気力がない時期が続きました。

f:id:kurina3880:20171028100701j:plain



わたしは

いい意味でも、悪い意味でも、

人に影響されやすいので、

一緒にいる人の大切さを感じている

今日この頃です。





人と話していても、

素直な人というのは、

いい部分もダメな部分もさらけだしていて

一緒にいて、とても気持ちいいです。




素直じゃない人は、

わからないことがわからない。と言えない。

人に助言をされても、すぐにしない。

言い訳をする。




とかですが、




話をしていても、

最近知ったかぶりをする人って

意外と多いんだなぁと感じます。





世の中には、

知らないこと、できないことがほとんど。

なのに、

なぜか「知らない」「わからない」と

言えない人が多い。





知らないことや、わからないことを

隠して、話を聞き続けても、

話についていけなくなるし、





逆に知らないことを隠すかのように、

知った風な話をする人。




さらに、

黙って聞いているだけで、

わかっているのか、わかってないのかすら

わからないようにしてしまう人もいる。





本人は、きっと、

「知らないことは、恥ずかしい。

バカにされる」と感じているからそんなことをするのかもしれないけど…




でも、その「知ったかぶり」は、

絶賛、周りにバレていて、

そっちの方が恥ずかしいとは

思わないんだろうか…




と、わたしは思ってしまいます。





ときどき、自分の方が知っている!!!

くらいのアピールで、

被せて話してくる人もいるけど…





とにかく、何得なんだろうか…




知らないことを、

知らないと言い、

素直に話を聞いた方が、

自分の視野は何倍にも広がる。





知らない世界を知ることは、

より自分自身を豊かにしてくれると

感じるのに、





素直じゃないことは、

みずから自分の視野を狭くするんじゃないかなぁと思う。






誰かにバカにされて恥ずかしかった経験は

わたしにもあるけど、





だからこそ尚更、

わからないことはわからないと言う人を尊敬するし、

自分もそういう人で在りたいなーと思います。


f:id:kurina3880:20171028103217j:plain


今日は銀座でゴハン食べてきます^ ^

みなさまも、よい週末を〜^ ^



セミナーに行っても変わらない理由

わたしは自分の知識の向上のために、



年間数回は、セミナーに参加します。



ナースのセミナーは、

その分野において、特化している

医師や看護師が講師として登壇します。




1日の座学は本当にきついです笑笑

f:id:kurina3880:20171009065654p:plain



で、セミナーって、

どんな分野でもそうですが、

高い安いに関わらず、

「ただ座って聞いてるだけ」じゃ、

意味なくて。





なんのために行くか?って、




自分の知らない知識を、

さらに詳しい人たちから吸収すること。




そして、これを

「必ず現場で生かすこと」が目的。




あとは、

自分がやってきたことは間違ってないか

とか、

自分のレベルの確認みたいな感覚です。






で、セミナーが生かされないことって、

「現場で聞いたことをしないこと」。




つまり、アウトプットをしないこと。




これって、

どれだけ勉強したって、

実際にやらないと、

このセミナーに参加したって

全く意味がない。





新人さんが、

「家に帰ってから、

山積みの課題をみるたびに、

「こんなにやることがある」

「不安になる」」




と言われたことがあって。





はっきり言ってそれって、

毎日していることを

単純に自分が消化していかないから

山積みになるだけで、




たくさん経験を積んだ先輩たちは

「なるべく最短で、

できるようになるように」

道しるべとして、課題を出すだけなのに、




その言われたことを

素直にやらなくて、




自分がやってないことを

他人のせいにして、

「課題に追われて不安になります」





って、当たり前でしょ。と思う。




毎日コツコツ振り返って、

改善して、新しく知識いれての

繰り返し。




ただ、これだけ。





そりゃ、

夏休みの課題だって、

毎日遊んでて、

眺めてるだけで、

8/31には、

全部課題ができてるなんて

そんな都合いいことあるわけない。



できてないのは、

やらなきゃいけない宿題を

放置した自分にある。





単純に、「やってないだけ。」




そういう人は、

どんなセミナーに参加したって、

それをアウトプットしてないんだから、





ただ参加してることに満足しているだけ。




セミナーに、

自分がほしい「答え」なんてないから。





答え探し続けたって、

他人がその答えなんて持ってない。




だって、

「やってないから、できるようにならない」




単純にこれだけだから。




そんなセミナー参加は、

ただ参加してるだけで、

はっきり言って投資でもなく浪費。




そんなんなら行かない方がマシ。




浪費し続けたくてするならいいけど、

やり続ければ、そりゃお金もなくなる。

不安になる。





そんなことより、

できないことを直視して、

まずはできることをやる。





これしかないのだと思います。




では良い1日を^ ^









もっともっと優しく在るために。

最近、感情がとても鋭くなってきました。





今までより、

より嫌なこと、好きなことがはっきりしてきたのは、

より、自分に素直な人たちとしか付き合ってないからだとおもう。


f:id:kurina3880:20171008211610j:plain


だからかもしれないけど、




行動と言葉が伴っていない人に関して

特に違和感を強く感じるようになりました。






わたしの仕事で大切なことは、

相手の立場になって考えること。





より細かい部分に気づき、

より相手の気持ちに敏感になり、

より相手にとって1日でも早く

当たり前の毎日を戻せるよう、

そのために、

よりベストな選択ができるように

考えて仕事をすること。





だからこそ、仕事では、

常に何がベストかリスクか考え、

自分の感情をコントロールすることは

とても大切なこと。





ただ、プライベートでは、

感情をコントロールしたくない。





わたしが死んじゃうから。


f:id:kurina3880:20171008215953j:plain



よりお互いを尊重しあえる人たちと

付き合っていこうと感じます。





いかなる理由があろうと、

言ってること、やってる事が違う人は、

結局は、信頼を失うリスクが高い。





それが小さなことであっても、

チリは積もれば山となる。





例えば、

遅刻をしたときに、

いかなる理由があろうと、

「遅刻をした」という事実は事実。





その理由は、どんな理由であれ、

相手にどう思われても仕方がない。





というリスクを考えて、

常に行動したいと思う。





このたったの1回で、

相手との信頼関係が崩れるリスクがあると

いうこと。





口から出た言葉も同じ。




1度してしまったことは取り戻せない。




わたしは

よく「優しい」と言われることが多いけど、

「いい人」ではありません。




神様みたいに全てを許すような人でもないです。





怒ったり、泣いたり、悲しんだりもする。





行動を伴わない言葉は、

それ自体が中身がないとゆうか、

逆にとても冷たく悲しく感じます。





もっと仕事に集中したり、

大切な大好きな人たちだけに、

より優しくできるように、

付き合う人は、

よりわたしの「好きな気持ち」に

従っていこうと思います^ ^





そして、言い訳をせず、

当たり前のことを、

当たり前にできる自分でありたいとおもいます。




広い視野をいつも持てるよう

これからも努力していこうと思います^ ^