わたしと、私。

高飛車女の、プライドを捨てて、素直になる方法

母親より幸せになっちゃいけない?

わたしの実家は岐阜です。

仕事上も、お正月はないし、

新幹線立って帰るとか、わたしは苦手なので笑

 

 

12月はじめに実家に帰りました。

 

 

わたしがあまり実家に帰らないのは、

家の中に、モノが溢れているから。

 

 

実家にいると、落ち着かないのです。

 

 

そんなうちの実家に住む、母親と、以前こんなやりとりをした。

 

 

先日のブログで、「安心できる場所」について書いたけど、 

 

http://rinachan.hatenadiary.jp/entry/2017/01/17/054045

 

 

それは、昔、わたしが、

トゲトゲしたかったときの根源が、

母親との関係から来るものだったから。

 

 

以前していたブログ。

興味あるかたはどうぞ。

http://ameblo.jp/fukadaryoko/entry-12200913701.html

 

 

親に、思いっきり文句だらけの手紙を書いた。

親に認められたくて仕方なかった。

 

 

 

で、この手紙を書いたこのとき、思ったの。

 

 

もう、母親からやっと自立できんだ。って。

 

 

 

でも、年末に帰省したときに、

いかに母親という存在がじぶんにとって、

根強いものか痛感した。

 

 

 

実家に帰省したとき、

母親から、母親自身の今の仕事に関しての不安や不満を、ぶちまけられた。

 

 

 

わたしは、正直、母親のこの不満を聴くのがイヤでした。

 

 

で、わたしは、母親にアドバイスをしてしまった。

 

 

母は、わたしに対して、「でもね!」の連続だった。

 

 

もう、それがわたしは受け入れられなくて、

ついに、「もういいや」と、話をしなくなった。

 

 

イライラしてた。

言い訳してる。って感じたから。

 

 

なんだか、

母親のそういうのを見たくなかった。から。

ただ、イヤだった。

 

f:id:kurina3880:20170120005546j:image

 

で、その後、

前に、手紙を出して、母親と腹を割って話したのになぜ、こんなにも不快なんだろ。

 

 

って考えていったらね。

 

 

 

あー。

わたし、お母さんのいいところしかみてなかったわ。

お母さんには、いつも優しくあってほしい。

ってどこかで期待して、

まだそう思ってたことに気づいた。

 

 

 

母は、わたしのことを丸ごと好きでいてくれて、

 

わたしは、母のいいところしかみてなかった。

 

母の弱い部分をみようとしなかったし、

受け入れてなかった。

 

 

 

母は、確かに将来への不安が強かったし、

まさに部屋の中は、母の心を守るように、

棄てられないモノがたくさんある。

 

 

 

じゃあ、母は幸せじゃないかっていったら、そうじゃなくて。

 

 

最近は、週に一度映画を父親とみたり、

旅行に行ったり、不満や不安がありながらも

楽しくすごしていたし、

やっぱり母は、幸せだった。

 

 

だから、お母さんは話をした時は、

アドバイスなんてもとめてなくて、

ただただ、不安や怖さを、

不満というカタチで、吐き出していただけだったのに。

 

 

 

でも、わたしの勝手なモノサシで、

母の生活の一部分だけみて、

そこをクローズアップするように、

「母は、不幸そう」と

いつの間にか決めつけていたらしい。

 

 

 

だからいつまでたっても、

母より幸せでいることに罪悪感を感じてたり、

相手に対してもダメな部分にfocusしてしまったり、

じぶんのいい部分だけしか見ようとしたりしてるんだなって。

 

 

 

もうね、気づいたときに、

じぶんのことを責めるのにも、

うんざりしてしまった笑

 

 

いつまでたっても、

責め続けようとすれば、責め続けられるし。

 

 

 

プライドが高い。だから、

誰か見えない敵を新しくじぶんで作りだして、

勝手に比べて、

焦って、

不安になって、

闘って、

守って、

傷ついて。

 

 

ねえ、その自作自演の

超大作、いつまでそれ続けるつもり??笑

f:id:kurina3880:20170120005429j:image

↑わたしもこの超大作に出演中wさて、どこにいるでしょう?w

 

 

って気づいたら、

いい意味で、開き直ったw

 

 

それに気づいてからは、ほんとに

じぶんを責めることは減ったし、

 

 

今まで以上に、

責めているときやイライラしてる時は、

わたし自身の不安や弱さ、怖さに

ちゃんと向き合えるようになった。

 

 

 

ちゃんと過去のいい部分にも目を向けたら、

じぶんのこともたくさん褒めてあげることも

できるようになった。

 

 

 

じぶんと向き合うの、あんなにも、

「あーしんどい」とか

思ってたのに笑

 

 

 

まだまだ、わたしだって、

不安や不満はある。

 

 

明日からわたしは生まれ変わる!

なんて、できないから笑

 

 

だからこそ、

毎日できること、小さなことを、

信じて、コツコツとやってみる。

 

 

 

だからね、闘ってるひとは、

プライド高いって、気づいて、

闘ってる弱いじぶんを認めてあげると、

ラクになるよ(*´ω`*)

 

 

いーのいーの。

こんなに大事にされてるのに、

もっともっと大事にされたい!!

 

 

って思ってしまうじぶんも、ダメじゃないよ。

そんな弱いじぶんも、少しずつ許してあげよう(*´ω`*)

 

 

 

わたしもプライド削ぎ落とし中💖

一緒に落としていきましょ(*´ω`*)

 

個別セッション
⭐︎2時間個別セッション 30000円
(1月までのお申し込みで20000円)

⭐︎1カ月LINE相談+2時間個別セッション1回
(こちらも1月までのお申し込み限定!個別セッション2回付) 50000円

 

 https://m.facebook.com/profile.php?ref=m_notif¬if_t=like

facebook にメッセージをどうぞ(*´∇`*)