わたしと、私。

日々の生活で、気付いたことを書いてます^ ^やわらかい美人をつくる方法^ ^

なぜ病院の、待ち時間は長いのか?

こんにちはー(´∀`*)

 

今日は体調を崩しており、

近所のクリニックに来ています。

 

 

病院って、ほんとに待ち時間が長いですよね。

 

 

病気の人にとって、

この待ち時間てかなり苦痛で。

 

 

さらに、じぶんが、しんどいから、

ちょっとした受付の対応や、

プライバシーに関して、

いつもより小さなことに、イライラしてしまう(´;Д;`)

 

 

という小さなわたし笑笑

 

 

じぶんの対応も、

病気の人や、それを案ずるご家族に

どう見えてるのかなぁと、考える機会となりました。

 

 

この待ち時間ね、なんで長いのかなーと思いまして。

 

 

この間の医療者側がやっていることを見つめてみました。

 

f:id:kurina3880:20170217131840j:image

 

【診察医師の数が少ない】

まーこれは、1人の医者対1患者が対面する時間は、15分くらいに設定されてます。

 

 

患者数50人ほどで、医者の人数が1人だと、

かなり多いので待ち時間は長くなる。

 

 

 

【検査結果がでるのが遅い】

まずは、検査をして、採血やら尿検査を

した場合、検査結果がでるのに

30分ほどはかかるので、

この結果を待つのにまずは時間がかかる。

 

 

ここでほぼ確実に、すでに時間かかりますよね。

 

 

 

 

【診察記事を残さなければならない】

医師は、患者が去ったあとは、

当然カルテに内容を記入しなければなりません。

診察記事はたまに薬だけくる方なら、

簡単でいいかもですが、次回カルテをみて、

どんな患者さんで、どんなことできて、

どんな治療をしたか?を

記録しておかないと、次回来院したときにわからないので。

 

あとは、処方や処置を診察中に行います。

 

 

 

【入院患者がいる場合は、

入院患者の状態悪化で呼ばれることがある】

 

救急車で運ばれてきた患者さんがいる場合は、

外来の途中で呼ばれることがあります。

 

 

他にも、入院担当患者が急変した場合も、

医師はそこにいったりしなければならないこともあります。

 

 

すると、もちろん外来にきた患者さんより、

具合の悪い人が優先となりますので、

外来は、中断してしまいます。

 

 

 

外来担当、病棟担当、手術担当など有りますが。

小さな病院は、担当わけられるほど、

医師の数が多くない。ということ。

 

 

大きな病院は、担当は、わけられるけど

医師の数も多いが、患者の数も多い。

 

役割が分担されてようがされてまいが、万年医師不足感はあります。

 

【会計や処方は順番】

コストをとり、事務に流して、会計に反映させることは、診察後です。

処方された薬も、順番なんですね。

 

 

そこも大体、30分くらいかかります。

 

 

【いまの病院システムでは、

待ち時間は長いまま】

 

いかがでしたか?

どんな病院でも待ち時間が長い。

 

 

思いつくだけ、ざっくり書いてみましたが、

患者さんにとってはかなり負担ですよね。

 

 

 

精神的、身体的にも、

病院に行くのは嫌になる気持ちがわかります。

 

 

 

さらに看護師や事務の対応が、

プライバシーに配慮してなかったりすると、

結構イライラするのは当然です。

 

 

 

せめて、医療者自身が、

心に余裕を持ち対応していけるといいなぁと

思います。

 

f:id:kurina3880:20170217132112j:image