わたしと、私。

日々の生活で、気付いたことを書いてます^ ^やわらかい美人をつくる方法^ ^

魅力覚醒講座卒業パーティーから感じたこと。

f:id:kurina3880:20170906001331j:plain

今日は、小田桐あさぎさんの

講座生の卒業パーティーでした^ ^




相変わらず、自由で、

誰とも被らない個性は、

すごい楽しい^ ^






この魅力覚醒講座は、

自分の魅力を覚醒させる講座。





中には、

仕事をやめた人。

好きなことをはじめた人。

起業した人。

まだまだ悶々とした人。

自分を責めるクセが抜けない人。




みんな

色々な思いをたくさん抱えて参加されていました。





みんなをみるたびに

過去の自信がないときの自分を思い出す。




例えば、

・外見や体型、容姿に自信がない。

・周りから、「そんなことないよ」と言われても、自分を認められない。

・やっぱりわたしは、行動できない。

と、自分を責めるクセ

・見栄をはる。





たくさんたくさん

わたし自身も抱えていたなぁと思います。





でも、4カ月間、

自分自身が、ワークを通して、

どんな形であれ、

講座を終えたことは、事実であり、




そんなふうにつらい中、

それを乗り越えた自分。だけで、

十分だと思ってます。




いままでと違う考え方になるには、

ほんとにすごいストレスだし、

しんどいことだし、怖いから。





それを、きちんと4カ月間、

「やり遂げた自分」。




それだけで、ほんとにすごい。





確かに、同じクラスで

ずば抜けて行動してたり、



仕事をやめたり、副業や、起業をはじめたり。




そんな変化をみて、

周りと比べてしまう気持ちもわかるから。





でも、

そこで、会社員である自分。や、

会社員をやめられない自分。

行動できない自分。

やりたいことがわからない自分。

に、劣等感を抱く必要は全くなくて。




行動できない自分を責める必要も

全くなくて。




なぜなら

まぎれもなく、それが今の自分だし、

別に変わることなんて、

今「しなければいけないこと」が、

「正しい」わけではないから。





何かを、「しなければいけない」

「正しい」よりも、





どちらが「楽しいか?」

どちらが「後悔しないか?」で、

選んだ方が、より自分らしい選択だと

感じませんか??




わたしだって、

泣きたくなるくらい感情の起伏があり、

自分に自信もなくなること、

ほんとに、小さな自分を感じること、

今でもうまくいかないことや、

周りを気にしてしまうことなんてたくさんあるけど。





でも、自分を責めることはしない。





責めた時は、すぐに訂正する。

「今は、過去の自分とは違った。

こういうクセあったなぁ。」って。




それでいいし、

そのくらい、自分に甘くていいと思う。






わたしの成長なんて、

まじで、あさぎスト(長期講座生の総称)の中では断トツ遅い自信がある。




2年かかったし、今でもまだまだだなと。




でも、

みたくない、目をそらしまくったからこそ、

目をそらしてしまう人の気持ちがわかるし、

変えていく方法も知ることができた。

噛み砕いて言葉にすることもできる。





人にたくさん裏切られたり、否定されたと殻に閉じこもっていたからこそ、

人を信じること、大切にすることの重みがわかった。

大切にしてくれる人たちの存在に気づいた。





外見に自信がなかった。

ダメな人たちをたくさんみてきた。

ダメダメな自分だった。

周りの目を気にしたからこそ、



弱さを認めることができて、

弱い自分をさらけ出し、

誰かの勇気になることもあることを知った。

体型を変えたことで自信がついた。

人の表情や言葉を観察して、

相手の本質をある程度見抜けるようになった。





だから、何1つ、

自分の人生に無駄なことなんて1つもない。








自分で自分を幸せにする覚悟を

決める。

もしくは、

自分で自分を幸せにするとは、どんなことなのかをまずは知る。






それだけでも、

ほんとに大きな一歩だから。






焦らず、自分のペースで1番。




自分の行動が正しいか、間違ってるかなんて

いちいち考えなくてもいいし、

他人に確認する必要もない。




もし間違ってたなら、

必ず今の講座を終えた自分なら

いつか気づくこともできるし、

そこでまた1つ成長することができることを

今のわたしなら知ってるから。





だから、マイペースで行こう^ ^