わたしと、私。

日々の生活で、気付いたことを書いてます^ ^やわらかい美人をつくる方法^ ^

セミナーに行っても変わらない理由

わたしは自分の知識の向上のために、



年間数回は、セミナーに参加します。



ナースのセミナーは、

その分野において、特化している

医師や看護師が講師として登壇します。




1日の座学は本当にきついです笑笑

f:id:kurina3880:20171009065654p:plain



で、セミナーって、

どんな分野でもそうですが、

高い安いに関わらず、

「ただ座って聞いてるだけ」じゃ、

意味なくて。





なんのために行くか?って、




自分の知らない知識を、

さらに詳しい人たちから吸収すること。




そして、これを

「必ず現場で生かすこと」が目的。




あとは、

自分がやってきたことは間違ってないか

とか、

自分のレベルの確認みたいな感覚です。






で、セミナーが生かされないことって、

「現場で聞いたことをしないこと」。




つまり、アウトプットをしないこと。




これって、

どれだけ勉強したって、

実際にやらないと、

このセミナーに参加したって

全く意味がない。





新人さんが、

「家に帰ってから、

山積みの課題をみるたびに、

「こんなにやることがある」

「不安になる」」




と言われたことがあって。





はっきり言ってそれって、

毎日していることを

単純に自分が消化していかないから

山積みになるだけで、




たくさん経験を積んだ先輩たちは

「なるべく最短で、

できるようになるように」

道しるべとして、課題を出すだけなのに、




その言われたことを

素直にやらなくて、




自分がやってないことを

他人のせいにして、

「課題に追われて不安になります」





って、当たり前でしょ。と思う。




毎日コツコツ振り返って、

改善して、新しく知識いれての

繰り返し。




ただ、これだけ。





そりゃ、

夏休みの課題だって、

毎日遊んでて、

眺めてるだけで、

8/31には、

全部課題ができてるなんて

そんな都合いいことあるわけない。



できてないのは、

やらなきゃいけない宿題を

放置した自分にある。





単純に、「やってないだけ。」




そういう人は、

どんなセミナーに参加したって、

それをアウトプットしてないんだから、





ただ参加してることに満足しているだけ。




セミナーに、

自分がほしい「答え」なんてないから。





答え探し続けたって、

他人がその答えなんて持ってない。




だって、

「やってないから、できるようにならない」




単純にこれだけだから。




そんなセミナー参加は、

ただ参加してるだけで、

はっきり言って投資でもなく浪費。




そんなんなら行かない方がマシ。




浪費し続けたくてするならいいけど、

やり続ければ、そりゃお金もなくなる。

不安になる。





そんなことより、

できないことを直視して、

まずはできることをやる。





これしかないのだと思います。




では良い1日を^ ^