わたしと、私。

日々の生活で、気付いたことを書いてます^ ^やわらかい美人をつくる方法^ ^

もっと広い視野で周りをみよう。

看護師の仕事をしていると、

世の中には、

本当にたくさんの色んな人がいると思う。




部屋はお金を出せば、

きれいな部屋で治療できたりするけど、




きれいな部屋にいようがいまいが、

「患者さん」として差別をするようなことはない。




この仕事をして10年経つけど、

最近とても感じることが、




看護師は、

本当に他の業種を知らないことが多い。

医療者だけで、話していることが多い。




しかも、

なぜか大病院や、

1つの場所に長く勤めていればいる方ほど、

自分自身の仕事のやり方が「当たり前」

と、

疑問に持つことが少なくなっている気がする。





確かに同職種で、

話し合うことも大切だけど、

わたしは、むしろ

医療業界以外のことに目を向けて

業界以外の人との接点をもつことが

とても大切だなと最近感じる。




なぜなら、

私たちの「お客さま」である患者さんは、

圧倒的に、「医療業界ではない人」だから。




もし私が、患者さんの立場なら、

入院するという不安の中で、

より添ってくれるナースはもちろん嬉しい。




けど、なんとなく「知ったかぶり」で、

「大変なんですね」なんて声はかけられたくないし、

「まだ若いお前に、いままでの苦労がわかるか」

と感じる人もいると思う。





だからこそ、視野を広くもつ必要があり、

自分自身がより豊かで柔軟な考え方をもつことが大事だと思う。





私が尊敬する先輩ナースは、

とにかく「相手」に興味をもつ。




どれだけコンプライアンスが悪い人でも、

「なぜ」こんなになってしまったのか?

どこからこのような考え方になったのか?





など、関わって数日で、

いかに信頼関係を築き、

相手の立場を理解しようとし、

さらによりいい形で退院まで考えれる人。





 

逆に、1番こわいのは、

自分の考え方に疑問を持たず、




いつの間にか、「患者さんのため」と、

1人よがりの自己満足の仕事の仕方に

なっていないか?





と振り返ることができなくなってしまうこと。




これが1番こわいなーと感じます。




あと、

医療者同士は、

仕事のプレッシャーからも

グチが出やすいことをまずは自覚しているからこそ、

そんな機会を減らすことも大切。




グチからは、何も生まれないから。



ストレス発散なら、

スポーツすればいい。カラオケ行けばいいのではないかと。





【最後に】

わたしは患者さんを、

「見た目」や「肩書き」などの色メガネでみません。





目の前の、

見た目や、肩書きなんかより、

そこまでに至る過程や考え方が

その「人」を

あらわしていると思うから。




あと、いかに色んなことを経験したり、

知っているかで、

人としても深みが出る。




80歳でも、素敵だなと思う人は、

見た目がきれいなのではなく、

圧倒的な経験から出る言葉や仕草が

その「人」をあらわしていて、素敵だなと

感じるから。







そこが個々の魅力だと思います。





私たちの仕事は、観察力が命です。





表情、言葉、行動、仕草など、

自分の目で見たり、感じたことに加え、

より相手を知るには、

普段から、視野を広くアンテナをはり、

たくさんの人と接することは、

仕事をより楽しくでき、

患者さんからも選ばれるナースになるのではないかなと

最近つくづく感じます。





病気の人にとって、

「このナースが担当でよかった」と

思っていただけるように

これからも頑張ろうと思います(*´ω`*)