わたしと、私。

日常生活の中で気づいたことを書いています。

他人との違和感を感じたら。

節分も終わり、

もうすぐバレンタインですね^ ^



恵方巻き、がっつり食べられなかったなぁ(;ω;)




ところで、昨日、

ホリエモン祭のあとに、

フエルサブルータを観に行ったんです^ ^


http://fbw.jp/

f:id:kurina3880:20180204150410j:plain




それで、

一緒にいった友人たちと感想を

話していたときに、



わたしは、

一体感がすごい楽しかったし、

作品自体が、他人が思い切り遊んでいる

ところをただ観ている感覚だけど、

それがなんだか面白かった。



でも別の友だちは、

あんまりだった。と話してたり、



ステージとして◯◯だと思う!と

演出の部分で熱く話す人もいて、




みんながみんな、すごい感想が違い、

めっちゃ面白かったんですよね。



で、同じものを見ても、

こーゆーのを他人と話すと、

改めて人と自分の違いが

はっきりわかるから、


じゃあ、何が良かったんだろうとか、

こーゆー感じかたを深く考える

きっかけになる。



他人と関わるからこそ、

自分のことをよく知るいい機会になる。

f:id:kurina3880:20180204150343j:plain



それで、今まで仲良かった人とかと、

なんかあんまり合わなくなったり、



違和感をはじめたときとゆうのは、



自分が変わりはじめたか、

相手が変わったか、

もしくは自分も相手も変わったか。



だと思う。




でも、それって、

自分自身が大切にしていることが

明確になるとても素晴らしいこと。


f:id:kurina3880:20180204151456p:plain


例えば、すっごく目標があって、

頑張りたいときに、

「そんな頑張んなくていいよー」とか

言われると、

頑張りたいから応援して欲しいのに、

なんだか否定された気分になったり。




そうすると、その相手に違和感があることも。もちろん、逆も然りですよね^ ^




でも、多分、自分の状況で

あう人、あわない人は違和感があるから

変わっていくかもしれないけど、




その人自身を大切に想う気持ちは、

離れていても変わらない。




だから、自分がそう想っていれば、

また仲良く食事したり、

色々な話ができる。



だから、

違和感があるときは、

自分の気持ちに正直になっていいと

思う。



離れても、離れなくても、

自分が正直にその人たちと

真摯に話せる距離を保っていれば

まったく問題ないと

わたしはおもいます^ ^



自分に素直に。

正直に^ ^




では、よい1日を^ ^