わたしと、私。

日常生活の中で気づいたことを書いています。

親との問題は、上っ面だけで解決しても苦しいだけ。

親との関係に悩んでる人って、
たくさんいると思う。



私自身も、
毒親ではないけど、


親が「自分の正しい。」が
強いので、
とても子どもの頃は、
親の顔色を伺って、育ってきました。




親のいうことは正しい。と、
思っていたので、
親に逆らうことはあまりなかった。



だから、
自分を抑えて、我慢するのは当たり前だし、
「親が許してくれるか」どうかが
何かをする基準だった。

f:id:kurina3880:20180213140254p:plain


大人になって、


結婚できない自分にモヤモヤしたり、
好きな人にモヤモヤしたり、
自分で好きで選んだ仕事だし、キャリアを積んで、努力もしてきた。
けど、ほんとに自分で選んだ仕事なのか
モヤモヤしたり。



ずっとモヤモヤして、
なんだか自分に自信がなくて。



それで、
そのモヤモヤを「埋める」ために、
自己啓発とかして。



とにかく、
なんでも
「足らないものは埋めて満たす」
だった。



だからこそ、
まーほんとにゴールがないマラソンみたいなもんで、すんごいきつい。




んで、それが何でしんどいのかって、
全部「親に認められるかどうか」
基準だったんですよね。





親に許してもらえるか?
親に認められるか?
で、何もかも選んでた。



仕事も、彼氏も、
自分で選んだとしても、
本当は、選んだ「つもり」。


だから、
そこで自分以外の親の基準が
入り込んでくるから、
何かモヤモヤするし、うまくいかない。



自分の望みじゃないし、
親の望んだ基準にあわせてるから。

f:id:kurina3880:20180213141400p:plain

じゃあ、
親の望んでいる基準を取り払えば、
楽になる!
自分の基準で選べば、
自分の人生を生きれるから、
まずは親に対してのブロックを
外しましょう!!!



親を許そう!!!



と言うけど、
何十年もの間、蓄積された我慢の量って、
ほんとに半端ないんですよ。




それをまず一ヵ月で取り払って、
自分の人生を生きよう!なんて、
すごく難しい話だと思う。




だから、まずは、



罪悪感がでてきても、
親に対する怒りを吐き切る
こと。



罵ろうとも、バカにしようとも、
親に申し訳ないとか気持ちがでてきても、
あの時こんなことされてムカついた。
ふざけんな。
って気持ちをノートに吐ききること。



淡々と吐ききってください。
ノートに10ページになろうが、
20ページになろうが、何ページになっても。




で、短期間で、
一ヵ月とかで解決しようとか
焦らないこと。




親に感謝しなきゃ。とか、
それを愛情と思わなきゃ。とか、
こんな自分の気持ちが良くないとか、
親を許さなきゃ。とか、



そうゆう綺麗事なんて、
どーでもいいです。本当に。



無理矢理そうやって言い聞かせても、
一時的に気分がよくなるだけで、
時間がたてば、また戻るだけ。



それこそ、無理矢理、
許そうとしたり、
感謝したりすると、
また同じ繰り返しになります。




そもそも
親のことを根本的に
解決したい理由はなんですか??



もし、その理由が、
「自分の人生を生きたいから。」



なのであれば、
まずは、今まで自分が抑えていた
我慢していた気持ちを出してあげることが
スタートじゃないでしょうか??




それすらまた抑え込んで、
感謝や愛情につなげて、
自分にウソをつき続けることを
あなたは望んでいるのでしょうか??



そうやって、
自分にウソを、つき続けることが、
自分の人生を生きること??




大切な気持ちを見失わないで欲しい。



見て見ぬフリは、
今を変えなくていいから楽。


そこを、
目を逸らさず向き合いたいと
思って、1つ踏み出すのは、
すごいこと。



だって、
本当の気持ちをみるのって、
すごく怖いから。



だからこそ、自分のペースが大事なんです。



だからこそ、ゆっくりでもいい。
自分の気持ちやペースを
大切にしてください。






親との関係は、
心のことでも、本当にデリケートな問題です。



わたしも、まだ向き合ってるから。



わたしは、見せかけで解決していました。


自分がそうだったからわかるけど、
その時のわたしって、
根底に物凄い「怒り」がいつも
一緒にいました。



何かに対して、根本的に
許せない気持ちを抱えていたから、
いつも思いどおりにいかないと
イライラしてた。



他人に対しても、
フラットにみているようで、
どこか他人に対して
自分の考えに従うように、
先生のように、教えようとしたり、
見下したりしてた。




だから、周りに見下されないように、
したくもない努力の仕方で、
足りないものを埋めていました。



なんでやめられないかって、
それは、蓋をあけてみたら、
根底にあったのは、



親に自分の気持ちを抑えつけられていてきたことに対する、
とてつもない我慢が生んだ怒りでした。




親問題は、すごくデリケートです。




きちんと心から両親との関係が
良好な人にアドバイスをもらうこと。


できたらプロがオススメです。


見せかけで、
親の問題が解決したフリをしている人もいるから要注意。




この親の問題に真摯に向き合った人はわかると思いますが、
親の問題とゆうのは、
世代を超えて繰り返されるくらい根深いものだし、



他人が簡単に
こじ開けて、納得させるものでもないからです。



あなたが無理矢理こじ開けられた感や、
納得させられた感があれば、




その感覚は本当の気持ちなので、
納得できない自分を責めるのでなく、
勇気をだして、
その違和感を大切にしてあげてくださいね^ ^



解決できない人は、
カウンセラーや、精神科医が書いた
本を読んでみてください^ ^



身体のことは、
本当に、プロの意見が1番です。



大切な自分の心と、カラダ、
大切にしてあげてくださいね^ ^