わたしと、私。

日常生活の中で気づいたことを書いています。

嫉妬したときのわたし流の対処法。

こんばんわ!

 

今ではもう笑って話せることなので、

ぶっちゃけて話をしてみようと思います。

 

 

今日の記事は小田桐あさぎさんのコミュニティのことなので

興味のある方のみ読み進めてください。

 

 

私は、

小田桐あさぎさんのコミュニティに属しています。

 

普通の女で、終わらない。

 

わたしは2年前にあさぎさんがコミュニティを作り始めたときから

いたので、古株になってしまってますが、今ではひっそり影をひそめている

つもりでございます笑

 

 

彼女のコミュニティが、大きくなるのと同時に、

わたしは同じコミュニティ内で嫉妬していたことがあります。

f:id:kurina3880:20180301181954j:plain

 

 

それは、

小鳥遊みどりちゃん

よりどりみどり

 

と、

小倉ゆりえちゃん笑

自分らしさってなんだっけ?「自由」に生きたいママの取扱説明書

 

 

まず、みどりちゃんは、

まだあさぎさんが会社を設立したときの設立記念パーティーで初めて会いました。

 

 

わたしは、まだまだその時は、

全然今よりもすっごくツンツンしていて笑。

 

 

 

自分の仕事にプライドを持っていて、

あさぎさんのコミュニティでも、先輩ヅラしていたな笑

 

 

でも本心は、あさぎさんのサービスを

1番に受けたのにもかかわらず、まだ悶々としていて、

何だかずっともやもやしていました。

 

 

 

だから、周りの人のことも、心を開いた人のみには

話せるけど、それ以外の人を受け入れることは難しかった時期でした。

 

 

 

みどりちゃんは、そのパーティーで、

ツンツンしたわたしに話しかけてくれた新しく入った4期生でした。

 

 

まだまだ今とは違って、目立たないように、紺色のワンピースを着ていて

第一印象は「暗い子」だったなあ。

 

 

サブ講師制度が始まって、

私は彼女の4回目の最後の講座に行ったんです。

 

 

そしたら、本当にすごくって。

初めてあったときと信じられないくらいすっごく変化していた。

 

 

80個のやることリストを書くワークがあって、それを100個書いてきたり、

録音した音声を聞きまくったり。

 

 

当時はそんな彼女が羨ましくって。

 

あさぎさんに「すごーーーい!!」って

言われている彼女が羨ましくて、わたしも

大好きなあさぎさんから、すごいって言われたくて

彼女に嫉妬してた。

 

 

それから彼女のブログを読んでみたら、

すっごく多才だなーっておもった。

 

 

そして同時に、

 

 

「この子はすっごく努力していたんだ。

わたしなんかより何倍も何倍も努力してきたんだ。

そしてわたしと同じようにコンプレックスを持ってきて、

それを埋めてきた一面もあるんだ」って、感じたんです。

 

 

それから、自分と重なる部分をもつ彼女自身に興味がでて、

最初はサービス受けて、一緒に遊ぶようになり、

彼女自身の売上やサービスを開始してからの葛藤も

みることが多くなって。

 

 

あー。ブログに書いている部分よりも、

とっても怖がりながら踏み出しているんだなって思った。

 

 

そしたら嫉妬とかなくなったんですよね。

 

今では友達ですが、

彼女のファッションサービスは自分のためになるので、

自分が受けたいサービスには必ずお金を払います。

それには全く抵抗がない。

 

 

だって、それは彼女が積み重ねてきた努力に敬意を払うことだから。

でも、友達としても、普段は飲みにいって、

しょーもない話で盛り上がったり、ときには

夜中に電話したりする。

 

 

彼女を1人の大切な友人としてみているからこそ。

 

f:id:kurina3880:20171223215320j:plain

 

 

もう1人の小倉ゆりえちゃんは、

いつも、

「ゆにゃこは天使なの❤」とか言ってて、

 

 

外見コンプレックスがあるわたしからしたら、

すっごくいやだった笑

みんなが、ゆにゃこちゃんかわいいーーー❤って話してても、

 

 

「ほんとに心から思ってるのか?!

ざわざわするわ!!素直にかわいいとか思えんわ!!!」

 

 

って思ってたから、ゆにゃこちゃんと初めてあったとき

すっごい笑顔がひきつってて笑

 

 

あれは笑えてなかったな笑

 

 

ある日、BBQで彼女と2人っきりになったとき、

思い切ってゆにゃこちゃんに、

 

 

「ねえ。わたしさ、ゆにゃこちゃんに嫉妬するんだよね。

なんか自分自身を自分でかわいいって言えないからなのもあるけど、

なんか、嫉妬する。」

 

 

って言ったら、彼女、にっこり笑って、

「ゆにゃこに嫉妬してくれてありがとう❤」

 

 

って言ったのね。まーーびっくりした。

 

 

嫉妬されるのっていやじゃないですか。

 

 

でも、彼女、嫉妬されて嬉しいって。

 

 

それからかなあ。ゆにゃこちゃんも色々悩んでたり、

ああみえて、以前は外見のコンプレックスがあったことを知って、

 

 

素直に色々話してくれる彼女のことが大好きになった。

 

 

色々わたしのイベントにも協力してくれて、

ときどき、ふとメッセーンジャーでやりとりしたり。

 

 

で、わたしが嫉妬していたのって、

羨ましいとかそんな感じで、

 

 

同時にあいつムカつく!!!

って感情もあったんですよ。

 

 

でも、そこで、思ったの。

 

わたし、彼女たちのこと、SNSとかの

発信する表面でしかみていなかったんですよね。

 

そして話せる距離にいたのにも関わらず、

本人のことを気になっていたのにも関わらず、

知ろうともせず、自己完結していたんですよね。

 

 

多分彼女たちへの気持ちが

変わったのは、

 

 

嫉妬している対象の彼女たちのことを知ろうとしたから。

 

あとは、自分の嫉妬している気持ちを本人たちにぶつけたから。

 

 

だと思う。

 

 

 

もしわたしが、

それを本人たちに自分の気持ちは話さずに、

わたしあの人にざわざわする。ってゆうのは、

ただの批判だったと思う。

 

 

 

きれいな人や、

お金稼いでる人ってどうしてもその事実が一人歩き

してしまうことが多くて、

 

 

 

その裏にある、悩みとかって

本人たちは誰にでも話さないと思う。

 

 

 

でも、本当はどんな人でも、そうゆう自分からは言えない

ような考えてることがあって、

周りからはそれはいつも見えないんですよね。

 

 

 

だからこそ相手を知ろうとすることが大事だと思う。

 

 

 

わたしが思い切って嫉妬心を抱えて、

あなたに嫉妬してます。ざわざわします。とか、

 

本当は○○ちゃんにこうされて嫌だったとか話したアサギストって

多分5人以上はいたと思うんですが、

 

 

その人たちと話して、何も今までとは関係が変わってないんですよね。

むしろ、そのアサギストに対して今まで以上に好きになったし、

 

 

 

「あの時のりなさんの発言に傷つきました」って言われたことも

数回あるけど、

 

 

ぶっちゃけ、話してくれてありがとう。って思う。

だって、

 

 

その人たちとわたしは争ったりするために、一緒にいるんじゃないし、

彼女たちはわたしの、

「あさぎさんから褒められたい承認欲求」のためにいるわけでもないし、

それで彼女たちを低く見積もることもいや。

それはじぶんが低く他人から見積もられることだっていやだから。

いつも対等でいたいから。

 

 

 

そして、わたしは

友達の顔色みながら話したくもないし、

顔色伺われながらお世辞や見栄をはる薄い関係は望んでないし、

 

 

気を遣われる関係も望んでないし、

争うことも望んでないし、

順位をつけることも望んでないし、

嘘をついて付き合う関係も望んでないから。

 

 

てことで

それからは嫉妬した場合はもっとその人を知ろうと努力しています。

 

 

もしわたしのように

同じように彼女たちに嫉妬心がある方は、ぜひご本人たちに

話たりあったりしてみてね笑

 

 

みどりちゃん

3/4 大阪梅田 でイベントあるらしいよ。

↓詳細はこちら

https://achievemagnificent.wixsite.com/mysite

 

 

ゆにゃこちゃん

新たなことを目論み中らしいよ笑

ほんとに美人なのに気取ってなくてフラットな人です。

https://ameblo.jp/lassique-blog/theme-10099859793.html

 

最後までよんでいただきありがとうございました。

f:id:kurina3880:20170918233207j:plain