わたしと、私。

日常生活の中で気づいたことを書いています。

留学・1人旅のススメ

留学や1人旅って、

めちゃくちゃ勇気いりますよね。



言葉通じるかな?

治安はどうかな?

税関通れるかな?

無事に帰国できるかな?

空港からホテルまで1人でいけるかな?


なーんて悩み出したらキリがない。


今日は、珍しく、何かの役に立てばと

思い、ワーホリの経験を生かして

留学や1人旅の楽しさなど書いてみようかなと思います。

f:id:kurina3880:20180329222512j:plain


1、英語は出来なくてもなんとかなる。

留学や1人旅で1番不安なのは、

「語学ができるか?」なんですが、

これは、はっきり言って何とかなります。



なぜなら、わたし、

中学卒業してからは英語、赤点ギリギリだったんですよ。

29歳でワーホリ決めて、英会話スクールとかも全く行ってなかったんで。

でも、なんとかなりました。

だから大丈夫。




例えば、

海外の企業に入るために!とか、

目標があれば、わたしのヤバい英語力ではダメかもですが、

わたしは、「人生の休暇」として、

海外生活を楽しむことが目標でした。



だから、楽しむ目的なら、英語出来なくてもなんとかなります。



実際、留学やワーホリの場合は、

語学学校に行くんで、そこは、

ぜーんぶ英語です。



なので、わたし、初日に授業がわからなさ過ぎて、焦って、そこでかなり勉強しました笑笑


さすがに、生活しなきゃならない、

やらなきゃいけない状況になると、

人間必死になるんで、そこは心配しなくても大丈夫です笑笑



2、「旅行」と「暮らし」は別物である。


旅行は、はっきり言って、

んーいわゆる「いいとこどり」ですね。


楽しい!!!が、ほとんど。

3カ月くらいであれば、美味しいもの食べたり、少し街に馴染み楽しんで、帰国する!


そんな感じです。



暮らす。というのは、「生活をする」ということ。


銀行の口座開設、その国のルールを知る、

税金を納める、携帯・住む場所の契約。

仕事をする。とか、

結構「生活をする」となると、

自分の事はトラブル含め、自分で探したり、

交渉したり、責任を伴うことが多いです。


旅行と、生活は、似ていて非なるものです。

f:id:kurina3880:20180329230350j:plain

3、海外に行ってよかったこと。

①旅行が近くて安い

わたしはカナダに行っていたので、

オーロラみたり、アメリカに旅行に行ったり、ワイナリーに行ったりできました。

旅行は安くいけるからすごいよかった。

f:id:kurina3880:20180329231140j:plain

f:id:kurina3880:20180329231226j:plain

f:id:kurina3880:20180329231255j:plain

②たくさんの文化に触れる。

色々な人種がいて、日本とは違うルールに触れること。

例えば、カナダでは、ジェンダーレスで、

いわゆるゲイカップルなどもたくさんいました。

また、お給料も2週間で貰えたり、

仕事も日本みたいに、3年我慢!!!でなく、短くてたくさんの仕事を経験している人の方が就職は有利です。



③他人の目を気にしなくていい生活を体験する

これは、本当に日本人あるあるで、

他人の目を気にしない生活が

どれほど自由で気持ちいいものかを

ぜひ体験してほしい。


公園の噴水で、水着のお姉さんが

寝て本読んでたり、

真冬に、ノースリーブのワンピースを着て外を歩いてたり、

タワマンの下で、ゲイカップルが熱烈なキスをしていて、タワマン住人たちが

拍手で祝福したり、



本当に誰も気にしていない。

自由で、偏見もなくなるし、

人に優しくなれます。

f:id:kurina3880:20180329231106j:plain


④仕事を経験する。

海外で、バイトでも色々な経験ができます。

わたしは、中国人系カナディアンのお寿司屋さんで、サーバーをしていました。

そこで、電話で、

「canなのか、can'tなのか聞き取れなくてわからない」とか、

「salmon  roll(サーモンロール)なのか、salmon  roe(いくら)かどっちかわからない」

とか、英語でオーダーとったり、

日本と違うお寿司だったり、



ホットドッグ屋さんで、

玉ねぎ1人で100個以上スライスして

切ったり。


とても日本では経験できないことがたくさんありました。




4、自分の時間はたっぷりある。

今すぐに、

「1年自由な時間があります。何をしますか?」というのが、

ワーホリや留学の醍醐味。



自分の時間を自由に自分で過ごすこと。



これは、今まで学校でも

与えられたことを行う日本人としては

苦手かもしれません。



なので、自分で考えて行動することが

いやでも身につきます。



そして、自分で決めていくうちに、

知らず知らずに、自分と向き合うことになります。



わたしは何が好きなのか?

仕事を続けたいか?

どう過ごしたいのか?

どうゆうとこに住みたいのか?

何をされたらいやなのか?

日本に帰国したらどうしたいのか?

何を学んだのか?



嫌でも、自分を見つめなければならなくなる。


自分探しなんか行かなくても、

生活することで、自然に見つかります。


f:id:kurina3880:20180329231013j:plain



最後に。

よく語学学校の先生に言われたのは、

「きみはHelloって言えるでしょ?

それは英語ができてるじゃないか。

それに日本人だって、日本語がパーフェクトなわけじゃない。

なのに、日本人はみんな英語ができないという。

自分のことを過少評価するんだ。

僕たちには、なぜ「英語ができてる」と

ネイティブが話してるのに、「できない」というのかが不思議だ。

間違えたっていいじゃないか。

完璧じゃないんだから。」と。



謙遜は日本の美徳ですが、

海外では過少評価となりうるんです。



そして、日本では完璧を求められ、

失敗することが怖くなる。

わたしもそれは一緒です。



ただ

人は、そこで生活をすれば、順応するし、

自分の自信にもつながります。



海外にいても、必ず助けてくれる人は

います。

だいたい日本人なんてどこにでもいます。

いないとこは、よっぽど僻地なとこです。



英語が話せないなんて言わずに、

話せるんだから、飛びこんでみてくださいね(*´ω`*)




Don't  be   shy!Enjoy  your   life💕


f:id:kurina3880:20180329231810j:plain