わたしと、私。

日常生活で気づいたことをとりあえず書いてみています。

好きな映画から、自分の好きなコトを知る

突然ですが、

わたしは映画が大好きです。



1人で近所にある映画館に行くのが好きで、

気が向くとよく足を運んでいます。




家でもアマゾンプライム

映画を観たり^ ^




昔から、

歌や踊りが本当は、大好き。



あと、ファンタジーも大好きです。

f:id:kurina3880:20180406132356j:plain


絵を描くのがとっても苦手なので、

頭の中のものを

映画や漫画という形にしていること自体

本当に素晴らしいなと思うのです。




だから、映画を観ると、

心が震えます。




「君の名は」は、

ストーリーも素敵でしたが、

冒頭の映像描写が細やかで、

写真のような絵が描かれていて

涙が出たし、




美女と野獣」でも、本当に、自分が

お姫様の気分になれて、

そして非日常的な世界を歌や踊りや映像で

表現されていて

すごい心で人をみることの大切さを

改めて感じて泣いたり笑




最近では、

「グレイティストショーマン」

「ララランド」など、

f:id:kurina3880:20180406130032j:plain

f:id:kurina3880:20180406130130j:plain


歌や踊りで、演者が思い切り好きなことを

一生懸命に表現していることが

伝わってきて、そうすると、

その曲を作った人や、

その映画に携わっている人たちの

想いまで伝わってくるからです。




以前は、

ファンタジーが本当は好きなことが

子どもっぽくて恥ずかしかったんです。




当時付き合っていた彼にも、

ディズニー映画で泣いてることを

バカにされたこともあったし、

そんな子どもっぽい自分が

あんまり好きじゃなかった。




でも、やっぱ好きなんですよね。

非現実的な世界を描いている映画が。




観ていると、

子どもの頃の純粋な気持ちを思い出すから。




あと、

ノンフィクションでも、

フィクションであれ、

映画の主人公って、すっごくいつも

一生懸命に生きてる姿を

みせてくれる。




好きな映画を観てると、

自分自身が、

「歌」や「音楽」が好きだなとか、



自分をもっと体いっぱいで表現したいんだと

感じていたり、



大事にしたいのは、

子どものような純粋な気持ちや、

愛情なんだな。とか、



そういう自分の『好き』や『大切にしたいこと』が、すごく見つけられる。




逆にすごい観たくて観たら

結構残虐なシーンがあって

ゲンナリしたこともあるんだけど、

それはそれで、

人の謎めいた裏の部分を目を隠しながらでも

傍観者として見てみたい。という気持ちや、

残虐なシーンを通して、

自分の今ある自由な状況に気づいたり。




だから、レビューなんて関係なく、

惹かれる映画を観てみています^ ^





おススメは、


妄想癖があり、普段は裏方の仕事をしている男性が、冒険をして、その先に掴んだものが、人生で実は1番大切なものなんだと気付いたことを描いた『ライフ』という映画。


壮大な自然も観ていて圧倒されるし、

大切なことを思い出させてくれる大好きな映画。

f:id:kurina3880:20180406131626j:plain



他にも『海賊と呼ばれた男』

出光の創業者をモデルとした映画ですが、


たくさんの批判や逆境を乗り越えた主人公の

一生がすごくグッときました。

f:id:kurina3880:20180406132624j:plain

★ブログ内のすべての写真はお借りしたものです。



てことで、映画は感情も揺さぶられ、

わたしはオススメしますが、




自分の惹かれる趣味から、

自分の性格や、目指したいもの、

自分の幸せは何か?

どうありたいか?が、

みえてきたりするかもしれません^ ^