わたしと、私。

日常生活の中で気づいたことを書いています。

実は、カウンセリングを受けました。

実はわたしは年明けからカウンセリングを受けています。

 

「カウンセリングを受ける」ということは、

わたしの中ではとっても勇気が入りました。

これを告白することも。

 

 

医療者のわたしの目からみても、カウンセリングのイメージは

「心に問題がある人」という位置づけだったからです。

(それは大きな間違いで、

ただ個人が問題として感じていることなのだなと今では思います)

 

 

だから、カウンセリングを受ける=自分が心に問題があるかもしれない

と受け入れることはとっても抵抗があったので、

周りに話すにもとても勇気が入りました。

 

 

あとは、周りから問題がある人。と思われるのは

とても抵抗がありました。

 

 

日本は先進国の中でも遅れていて、実は欧米では、

カウンセリングを受けるということは

ごく珍しいことではありません。

もっと敷居も低いもので自分を語るという場所はとても大切にされているようです。

 

 

お国柄もあり、人と違うことに抵抗がある日本人ならではなのかな?

と個人的には感じることもあります。

 

 

結論からいうと、わたしの場合、カウンセリングを受けて、

何年もかかっていた悩みはたったの1ヶ月半で解決しました。

 

 

「解決した」というよりも、

「自分で答えが出せた」と言ったほうが正しいかもしれません。

 

f:id:kurina3880:20180419231415j:plain

わたしは今まで人間関係に長年悩んできましたが、

その中で、どうしたら自分が、気持ちが楽に楽しく生きていけるかを

ずっとずっと模索していました。

 

 

ただ、友人に話しても、アドバイスをもらうけど

自分ではしっくりこないと感じたり、

自分の考えや、今までそこまでに至る経緯や自分にしかわからない

苦しさとかを否定されたと感じることが多くありました。

 

 

一方、自己啓発などで、

「あなたは自分で素晴らしい」「じぶんのありのままを受け止めよう」などは、

どこかしっくりきませんでした。

 

 

いや、厳密にいうと「その時は」しっくり来るけど、次第にそう思えなくなることが

とてもつらかったのです。

 

 

何がつらかったって、今思えば、

「素晴らしい」「素晴らしくない」

「受け止めれる」「受け止めれない」と、評価されているように感じたから

だとおもいます。

 

 

 

だから、それらが「できない自分」に劣等感を感じたりしてきました。

f:id:kurina3880:20180419232136j:plain

 

友人に話すと

「なんでカウンセリングがいいの?カウンセリングはどう違ったの?」

と聞かれることがあります。

また、「正しさを求めるよね」と言われることも。

 

 

 

確かに、「正しさ」というのは言われてみればそうかもしれません。

 

 

ただ、わたしの中で大きく違うのは、

カウンセリングは、

絶対に自分が否定されない場所。安心感がある場所。

であるということ。

 

 

自己啓発はうけてみると、「そんなことないよ」「○○なんじゃない?」

などどちらかというとアドバイスをもらう機会が多かったように感じます。

 

 

でもカウンセリングは違った。

自分の問題は自分で見つめて、自分自身で答えを出すということ。

 

 

 

今自分が受けてわかりますが、

例えば、結婚したい。とかの悩みは表面的なものであって、

実はもっと心の奥には別のことが隠されていることが多くて。

 

 

 

その自分でも気づかない、見たくないかもしれないことって

多分、誰か他人に無理やり引き出されるものじゃないと思うんです。

 

 

 

カウンセラーはそこをじっと待ってくれじっくり向き合ってくれます。

わたしのペースで自分の問題を客観的に見つめることができ、

そして自分自身がどうしたいかということを自分自身で答えを出すんです。

わたしの場合は、2ヶ月くらいでしたが、

人によってはもっと何年も時間がかかるかもしれません。

 

 

そのくらい1人で自分をみつめることは勇気がいるし、根気もいると思います。

 

 

ただ、自己啓発と大きく違うことは、

わたしに絶対的な安心感を与えてくること。

否定も肯定もされないし、一切評価はされない。賛成も反対もされません。

その中で、

「自分でじぶんの答えを出す」ということ。がとっても大きかったです。

 

 

自分に自信がつく。し、

何より、自分自身で出した答えというものは、後悔がないんです。

 

 

 

技術だけでも、小手先のノウハウでも、データだけでもできないことだし、

心のしくみを理解しているということは、何より「心」に真剣に向き合っている

と感じます。

 

 

それは、わたしが受けた側だからかもしれませんが、

ただのアドバイスでわたしの人生を決められたくないからです。

 

 

繊細だからこそ、自分のペースを尊重してくれる人がいいんです。

 

 

 

自分の人生を一生懸命生きていない人に、

お金を払って相談する気持ちになれないからです。

真剣にわたしの人生の悩みに向き合ってくれるひとに

わたしはお金を払って相談したいからです。

 

 

 

自分の人生で悩んで相談にいくのに、

適当に生きている人に自分の悩みなんてわかってもらえないと

思うからです。

 

 

 

 

自分を大切に生きている人ならわたしの気持ちも大切に扱ってくれるだろうと

思うからです。

 

 

そして何より、

本当は、自分の人生には自分で答えを出して前にすすみたいと

わたし自身が望んでいるからです。

 

f:id:kurina3880:20180419230210j:plain

 

最後に。

 

もし誰にも言えない悩みがあるひとはぜひカウンセリングを1度受けてみてください。

「話をただ聞いてもらうだけでしょ」

という人もいるかもしれませんが、

話を傾聴する。というのは生半可な覚悟や適当な技術や感覚では身につかないもの

だと思います。

 

 

ちなみにわたしが受けたカウンセラーは、双葉祥子さんです。

ameblo.jp

よかったのぞいてみてくださいね(*^^*)

 

 

他にもカウンセリングを気軽に相談できる場所を貼ってみます。

中には無料のものもありますので、よかったらみてみてください。

www.npo-tms.or.jp

 

www.counselor-tokyo.jp

 

たくさんの悩んでいる人が気軽にカウンセリングを受けられる世の中になりますように。

f:id:kurina3880:20180419230231j:plain