わたしと、私。

日常生活の中で気づいたことを書いています。

LGBTの人に言ってはいけない言葉。

わたしは、

カナダに住んでいたときに、

ゲイの方や、レズビアンと触れ合う機会があり、同性愛とか、性同一性障害には偏見はない方だと思います。




で、人間て、

どーんな人も、男、女、関係なく、

男性だけど、完全に120パーセント男性。

ということはなく、1パーセントでも、女性的な部分があるらしいです。



同じく、女性もある。

例えば、「ふざけんじゃねえよ」って

言葉を女性が使うと男性的な一面を感じませんか?こんな感じで。

男性脳とか女性脳の話ではありません。





で、これって、自由にいつでも

変更出来る権利がある訳ですよ。




自分が決めることで。

他人が決めることではありません。




で、時々、

性同一性障害なんだね?

じゃあ、男か女。どっちにするの?

わかった。君は男性だけど、女性になるなら、女性扱いするから、今後変えないでね」

的な事を、言う方がいるらしいです。




男性か女性か、今決めて、

今後一切変更するな。

と強要しているように、わたし個人には

聞こえます。




でも、私も、ずーっと

120パーセント女性でいるのは無理で、

たまには、胡座をかきたい。

たまには、腹が立ったら、ふざけんなー!!!って、叫びたい。

こういう男性ぽい部分、出したいし、

勝手に出てくるもんです。




人に固定されるもんでもない。

自由でいる権利がある。




だから、女性になりたかったら女性でいいし、男性になりたかったら、男性でいいのだ。




という考えが大切らしい。




なので、

いくら自分が混乱するからといって、

相手の自由を奪ったり、決めつけたり、強要を促すような発言は、言わないように

気をつけたいです。