わたしと、私。

日常生活の中で気づいたことを書いています。

自分も相手も大切にするコミュニケーションの方法

最近コミュニケーションを学んでいくうちに、

感じたのは、言い方ひとつで、

相手への印象が大きく変わるなってこと。

 

 

例えば、

1、

A:「○○さんの☓☓な態度にイライラしちゃうんだよね」

B:「それはイライラするよねー。」

 

2、

A:「○○さんの☓☓な態度にイライラしちゃうんだよね」

B:「イライラしちゃうんですね。」

 

3、

A:「○○さんの☓☓な態度にイライラしちゃうんだよね」

B:「そうなんだ。でもさ、それはAさんの主観であって、人それぞれじゃない?」

 

 

って、ちょっとのニュアンスの差でも、

全然違う。

 

 

わたしがAさんの立場だったとして感じる印象は、

1は、共感している、またが同調してくれている。

2は、同調はしていない。けど、自分の気持ちを受け入れてくれている感じがする。

3は、正当な答えで、なんか突き放された感じがする。

 

 

このブログを読んでいる人は、どんな印象をお持ちでしょうか?

 

f:id:kurina3880:20180606215528j:plain



わたしは、自分が強い人間とは思っていないので、

結構、3の対応をされてしまうと特に、「あー、この人には次回から相談しないでおこう」ってなってしまいます。

 

 

この「人それぞれだよね」って、とってもよくきく言葉なんだけど、

わたし個人は、使い方、気をつけないとなって思ってます。

 

 

 

なぜなら、

人それぞれ。なんて、大前提でわかっているんですよ。

でも、頭でわかっていても、気持ちがついていかない。

誰かに理解してほしくて、その気持ちと頭の中を整理するために話をしたくなるときがある。あと、ただ、どこにも気持ちが行きようがなくて、ただただ話たいときもある。

つまり、話を聴いてほしいだけのとき。

 

 

そんな時に、この、「人それぞれだよね」って言われると、

正直、じぶんの考えが否定されたみたいに感じるなあって。

責められているみたいな感じがして。

そんなことわかってるんだよ。でも気持ちがついていかないんだよ。

って言いたくなる。

 

 

きっと言った本人は悪気もないんだろうし、自分の意見を言っているだけなんだけど

きいている方は、自分の気持ちはどこか置き去りにされているような気持ちになるなって。

 

 

だから、わたし個人は、正当論というのは、ときに人を傷つけるし、

使い方に注意しないとなあと思います。

 

 

 

そして、同調するのも、ちょっと違うかな。

同調は、自分の意見を抑えて、相手にあわせることもある。

こうなった場合、これは、どちらかが優位になっている状態で、

コミュニケーションとして対等ではありません。

 

 

では、どうしたらいいか。

 

 

先日友人が話していたのがとってもよかったので、

わたしはこうしています。

 

 

まずは、相手の考えをただ受け止めること。

仕事とかで、本当はAという仕事をしてほしいのに、他の仕事を優先している後輩がいて、困っていたことがありました。

 

その友人曰く、

 

 

まずは、その後輩が自分の仕事を手伝ってくれていることに対して

「手伝ってくれてありがとう」と伝え、

次に、自分の状況を伝えます。

最後に、またその後輩に、「もしまだ時間があったらこっちをお願いしても大丈夫かな」など、相手の都合を思いやる言葉を伝えること。

 

 

このコミュニケーション、最初は結構うまくできなくてたいへんだったけど、

やはりコミュニケーションも訓練ですね。

少しづつできるようになりました。

 

 

自分にも相手にもストレスがない、対等なコミュニケーションには

まだまだ遠いけど、1つずつです。

 

 

最近「人それぞれ」って個性を尊重する時代なのでよく遣われるので、

ちょっと気になりブログに取り上げてみました。

 

 

余談ですが、個性といえば、

個性を尊重する=普通でいることはよくないこと

ではないとわたしは思う。

 

 

個性が強く言われるあまり、逆にそれが気になって、個性がない自分を責めてしまうのは、本末転倒だと思うから。

 

 

ちなみにわたしは超がつくほど普通だなーって。

そんな個性的でありたいって思ったときもあったけど、

そっちより、「個性的であるべき」って縛られていたほうがとっても苦しかった。

 

 

普通っていい意味で諦めたんですよね。

 

 

なんというか、諦めることって大事だなって。

 

 

 

執着して諦めない!ってゆうのは、ちょっと違って、

諦めなければならない中でも、自分だけの譲れないものがあって、

その自分だけの譲れないものだけがしっかりしていればいい。

 

 

いつも大事な部分だけがみえていれば、ズレがあったとしても

大きくはズレないのかなって最近思います。

f:id:kurina3880:20180719004250j:plain

 

世の中に、じぶんの事をわかってくれる人が、

少しだけいてくれればいいなって思えるように、

徐々になっていけばいいなあと思います。