わたしと、私。

日常生活の中で気づいたことを書いています。

自分でたてた目標の奴隷になっていないか。

最近、なんとなーく疲れている。というより、

じぶんの「頑張り」の加減がわからなくなっている。

 

 

予定はたくさん詰めることはなくなったけど、

なんだか、毎日、ちょっとづつ、気づかないうちに

精神的に追い詰められていたようだ。

 

 

自分でもしらないうちに、昔の悪い「癖」が出てしまったときに、

「あーこれは、だめなやつだ」と思った。

 

 

なんだか自分1人でいる時間は多いが、

1人で自分の気持ちに向き合う時間が減っている。

 

 

ぽっかりと、大きくもなく、小さくもない穴が自分の心にあって、

そこを見つめる時間を作らなかったばかりに、

頭で考えることが多くなり、結果、どうやら頑張りすぎてしまったらしい。

 

 

てことで、逃げることにしました。

 

f:id:kurina3880:20180622202102j:plain

 

今まで、自分の中で「辛いことに立ち向かうからこそ得れるものもある」と、

根性論みたいなものが、じぶんの中になんか植え付けられている。

 

 

いままでは、問題を直視して、解決する。という方法をとってきたけど、

それはどこか、根性論も含まれていて、

問題直視をしなければならない。になっているところもあったとおもう。

 

 

まあ、でも、やっぱ逃げるって大事だなあ。と。

 

 

最近はありがたいことに、新しく出会った人たちが、

お互いの内面をさらけあえる人で、それは年齢を超えていて、

やっと自分にも、本当の意味で、「縦」ではなく、「横」のつながり。

つまり、利害関係がない人間関係を

築けるようになってきたと感じている。

 

 

 

だからこそ感じるのは、

1人でも自分のことをダメって思う部分まで、何も評価せず、

理解してくれるという人がいることがわかれば

人間って安心できるんだなと改めて今更ながら感じた。

 

 

 

評価も、アドバイスもしない。ただただ、話を聴いてくれる人が

周りに増えたことで、

逃げることに抵抗があった自分の気持ちも、罪悪感なく、

「人に頼ることができて、えらいなあ」と思えるように

少しずつなってきた。

 

 

 

個人的な課題は、

・頑張っていることが自分でわからない。

・頼る加減がわからない。

・コミュニケーションの加減がわからない。

 

 

 

けど、

大事なじぶんの心を守れるようになったことは自分の大きな1歩だと感じている。

 

 

感情がなくなったことが自分で兆候としてつかめたからこそ、

「これは良くない」

と、映画を何本もみて、自分の感情を沸き起こそうとしたりしたけど、

自然に「良くない」と思って、いつのまにか頑張っている自分がいたけど、

わからなかった。

 

 

考え方の癖、話し方の癖、自分で気づくの大事だね。

 

 

f:id:kurina3880:20180528223532j:plain

 

なりたい自分、理想の自分を追いかけすぎて、

まだこれじゃダメだ。と、今の自分を自己否定してしまい

「いつか辿りつくだろう未来の自分」にばかり意識がいってしまい、

「今この瞬間の自分」がどこか置き去りにされていました。

 

 

どこか、「自分でたてた目標の奴隷」になっていた。

 

 

見直すべきは、現実直視ではなく、

「まあいいか」とあきらめること。

特に仕事面でわたしは完璧主義な部分が抜けないので、

白でも黒でもない自分を、少しずつまた受け入れていこうと思う。

 

 

女である自分、恋人である自分、看護師としての自分、友人としての自分、

色々な役割をこなしていると、いつの間にか自分の役割に追われていると

いつの間にか、自分を見失うっていうことを改めて感じました。

 

 

だから、改めてNOT TO DOリストをつくっています。

SNSをしない。

年賀状は書かない。

電話はでない。とかね。

ブログも自分の気持ちの整理のみに決めました。すっきりするから書く。それだけ。