わたしと、私。

日常生活の中で気づいたことを書いています。

イライラは良くないことじゃない。

昨日、ある人が、

「わたしはイライラしない。

そういう思考はシャットアウトしている」


と、話していた。




でも、明らかに…イライラしている笑笑




多分、彼女の中では、

イライラ=良くないこと

という価値観があるのだと思う。





もちろん、イライラしない方が楽だと

思うけど、

イライラすることを悪者だと思っている

と、逆にそれを我慢して良くない。





イライラしてたら、イライラしてるなーって

まずは感じることがすごく大事。





わたしは正直よく怒る笑笑




それは、わたしの中で、どこかいつも

「誰かに何か嫌なことをされた」と感じる

ことから始まる。



つまり、自分は我慢してるのにずるい。

ってことだろう。



それは、世の中の常識を、自分の考えにしてしまってる…というより、

単に、自分が我慢してるから。




じゃあなんで我慢してしまうのか?




わたしの場合、

「その自分が嫌だな」と感じた時に

それをどう伝えたらいいのかわからないだけなのだ。




わからない結果、

自分の気持ちを押さえて丸くおさめようとしたり、気遣いしたり。




自分の気持ちをなかったことにしようと

努力してる部分があるんだろう。



それで、ずーっと何ヶ月もやってるのは、

とにかく素直に伝えてみること。





伝えようとしても、

考えすぎてその場で言えなくて、

ラインで伝えたら失敗したとか笑笑




とにかく毎日失敗だらけ笑笑




でも、この小さな失敗の中にも、

ちゃんと成功するときがある。




つまり、

世の中には、

我慢せずに自分の感情を吐き出したとき、

それを「受け入れてくれる人」もいれば、

「受け入れてくれない人」もいる。

ということ。




単純に、自分にも、受け入れれることと

受け入れられないこと。があるのと同じ。




ただそれだけ。




あとは、あの人は、ああしてるけど、

わたしは、したくないなぁ。

と、自分主体で考えられるとイライラは

なくなるんだろうけど。




とにかく、自分が素直であれば、

イライラは少なくなるんだろう。




そして、

大坂なおみ選手や、セリーナ選手みたいに、

彼女たちが魅力的に見えたのは、



怒ったり、泣いたり、好きって言ったり、

子どものような純粋さが垣間見えるからだ。


f:id:kurina3880:20180914120807j:plain


そのくらい、

人の感情というのは、とてつもなく人の心を震わせるものだということ。





でーもー、難しいよーー


できないよーーー



ああなれたらいいけど、できないから

苦しいし、悔しいなぁ。