わたしと、私。

日常生活の中で気づいたことを書いています。

カウンセリング後期に入っての変化

小学校1年のとき、

入学式だったかな・・

「友達100人できるかな♫100にーんで食べたいなー

富士山の上でーおにぎりをー」って曲があって、

 

 

わたしはその曲を聞いて子供ながらに、

友達がたくさんいる=いいこと。

みたいに洗脳されていたと思うw

 

 

今では、「いやいや、そんなことないっしょ。それは人それぞれじゃん。」って

当時の自分に言ってあげたい。

 

子供のころはなんでも信じたなあ・・と思ったし、

どこか子供の頃に聞いた話って自分の中に根付いているんだなって。

 

 

今思えば、100人ほしいと思って頑張って友達作ってるじぶん・・・

想像しただけで、つらっ!!笑

 

 

今すぐそんなこと、やめちまえ私ww

 

f:id:kurina3880:20180504170445j:plain

 

さて、今日はカウンセリングの勉強にいってきました。

あと少しだと思うと寂しいなあ。

 

 

今日ちょっと感じたことがあるので覚えておくために書いておこう。

 

 

今までわたしは、人の話を聴いたときに、

「話を理解したい」というより、どちらかというと、

「話を聴いて理解しなければいけない」って思ってたんだよね。

 

 

 

最近、人と話しているときに、

自分が理解してほしいって思うことが、伝わっていなくて、

というか伝わっていたんだけど、「わたし自身が感じているつらさ」みたいなもの

が理解してもらえないんだなーってコトがあった。

 

 

それが勇気だして言ったことだったから、余計に相手の反応をみて

結構ショックだったんだよね。

 

 

 

なんでかって、その人なら「理解してくれるかもしれない」って

思って話したことだから余計にね。

 

 

 

理解してほしかったし、理解されることを期待していた。

 

 

まーでも何が一番悲しかったのかって、

自分が決意して前を進もうとしているコトに対して、

ただ、応援して頑張ってね。って言ってほしかったのだと思う。

 

そして相手自身の「つらさ」の枠にはめられている感じがして

わたし目線での「つらさ」として、感じてもらえていないのが悲しかったんだよね。

 

 

そうそう、わたしは誰かから「こうしたらこうなるんだよ!」

っていう答えがほしいわけじゃなくて、

自分で自分の道は決めたかっただけだし、

それ以上相手に何も言えない自分や

相手に対してうまく気持ちを伝えられなかったことがいやだったのだと思う。

 

 

 

でも、よくよく考えたら、1回で相手のコトを理解するなんて

自分だって無理だし、

いい意味で「やっぱり他人に自分の気持ちを理解してもらおうなんて無理なんだな」

と諦めがついた。

 

 

相手に理解してもらえてないと感じる≠拒否された。

わけではないんだよね。

 

 

 

これを感じてから、

「たったの1回で相手の話を100%理解しよう。してもらおう。」なんて

無理だし、そこに期待したり、頑張るのはやめようって思った。

 

 

そしたら、ちょっと曖昧なままカウンセリングが進んだ。

 

 

曖昧っていうのは、

「この人はこう感じてるのかなー。わかんないけど、とりあえず話きいてみよう」

ってどこか肩の力が抜けた感じ。

 

 

そしたら、結構今までみたいに、

「話聴かなきゃ!理解しようとしなきゃ!」とかそんな気負いみたいなのが抜けて

今まで自分が悩んでいた部分が結構改善されていた。

(周りからのフィードバックがあるのでそこでそう評価された部分もある)

 

 

 

多分、大事なことは

「正しく話を理解しよう」とすることではなくて、

話を理解しようとする姿勢が大事。

 

 

それがないと、どうしても自分の主観で、

「きっと相手はこう思っているはず」ってどこか断定というか、

決めつけてしまって話がすすんでしまう。

 

 

・あの人は評価を気にする癖があるよね。

・あの人は、自分のこと否定しているからあんまそれはよくないよね。

とか。

 

 

 

すると自分の考えの枠の中だけで話がすすんでいるから、

自分目線でしか相手のことが理解できないのだなーって。

 

 

 

自分が、こうやって変わってきていることがとっても嬉しかった。

 

 

そして、「諦める」ってこういうことなんだろうな。

ってちょっと体感できたからよかった。

 

 

理解しようなんて無理だからこそ、何回も話を聴けばいいのだなって。

 

 

後半に入って、自分の心を深くみつめて人生を歩んできているか

人として試されているなって思うことや、

自分の気持ちにより敏感になってきたのかなーって思う。

 

 

 

わたしは、自分の外見は嫌いだけれども、

自分の内面に関しては結構好きだなって思う。

 

 

 

今の自分が認められないのは、わたしの場合、

「外見」からくるものがとてつもなく大きい。

 

 

内面は、完璧主義なところもあるけれども、

ちょっと悩んでしまう弱い自分もあるけれども、

弱さをみせられる自分のことは結構好きだなあって思う。

 

 

 

迷ってしまう自分も、

はっきり物事をいう自分も、

自分に全力投球なところも、

人に対してちょっとおせっかいだけど、温かみがあるところも、

愚痴を言いながら、「性格悪いなー」って笑える自分も、

もっともっと自分のコトを好きになりたい!!!ってちゃんと自分と向き合おうとしている自分も、

さみしがりやなところも、

甘えベタで不器用なところも、

今の自分の性格は結構好きだなってやっと思えるようになってきた。

 

 

じぶんの体を好きになってあげたいなあ・・・って思う。

 

 

自分の体に対して、ごめんねって思う気持ちもあるけれども、

自分を大切にしたいからこそ、そうやって悩んでいることに対して

否定したくないし今のなんとかしたいって気持ちを大切にしたいなと

思う。